エルアンドエム株式会社                        会社案内  製品  資料請求・お問い合わせ  メーカーリンク  HOME  
 

   L + M Corporation

 JENAer Meßtechnik GmbH

 
リアルタイム二周波ドップラーレーザ干渉計 ZLM 700/800 900LSI

ZLM700/800,900LSI二周波レーザ干渉計は、レーザ干渉計の設計と製造において長い歴史をもつカールツァイス・イエナ社の最新の技術です。長さ基準としての安定化He-Neガスレーザを研究して得られた特性と、画期的な電子回路の結合により、斬新な干渉測定技術が完成しました。プログラム可能なASICデバイスの利用により、あらゆる要求にも対処できるシステム作りが可能になりました。ZLM700/800,900LSIの応用範囲は、単独の校正システムや、複数軸での位置計測システムから、高速移動機構の完全な制御など、幅広く応用できます。ユーザ独自の方法による機械や装置などの動的な評価や解析が、快適なWINDOWSソフトウェアのもとで、簡単に行えます。

   優れたツァイス光学系を全てのモジュラーシステムに利用したZLM700/800,900LSIは、レーザ干渉計で解決しうる全ての測定課題について、完全な方策を提供します。

  ・位置
  ・距離
  ・速度
  ・加速度
  ・角度
  ・振動
  ・真直度
  ・直角度
  ・平面度
  ・アライメント

  ZLM700/800,900LSIレーザ干渉計は、2周波ヘテロダイン方式のHe-Neガスレーザを使用します。レーザの温度安定性は0.002ppmで、2つのモードのビート周波数640MHzは、信号処理のため4倍にされます。この高周波信号処理技術は、高速で移動する測定対象物に対して、信号分割誤差をなくし、きわめて短い信号遅延時間(Signal Delay)を実現します。
干渉光学系から、PCインターフェイスカードにある電子カウンター回路への信号伝達には、光ファイバーケーブルを利用します。これは、周囲の電磁気の影響による測定信号のあらゆる撹乱を防ぐためです。このためZLM700/800,900LSIは、ラフな製造現場環境や、標準的な試験室の環境、さらに高真空にも対応します。
PCインターフェイスカードを利用しないときは、データ処理用の別の電子ユニットを利用します。
これはデータ出力用の多数のインターフェイスをもち、クローズループ制御にリンクすることが出来ます。このバージョンは、最大6軸まで拡張することが出来ます。

   主な特徴:
  ・12 m/secまでの測定対象物の移動速度に対応。(ZLM900LSIは、4m/sec)
  ・分解能 5 nm (信号分割誤差を含まず。平面鏡干渉時の分解能は2.5 nm)(ZLM900LSIは、1nm)
  ・加速度計測における制限がない
  ・低レベルの光での信号検出の信頼性が高い
  ・信号遅延時間 ≦ 200 ns
  ・レーザのライフタイムでの周波数安定性が高い
  ・電磁気による影響を受けにくい
  ・高真空での使用が可能
 ・ヘテロダイン方式 ファイバー接続 シングルビームレーザ干渉計
 ・リアルタイム測定
 ・6軸までの拡張性
 ・3Dでも簡単なセットアップ 
  

    



 精密温度計 TEMP14

 TEMP14 温度センサー

 イエナメステクニック社では、用途に合わせて各種温度センサーを供給しています。センサーには標準で5mのケーブルが付属しています。その他のケーブル長さも、ご要求によって準備できます。また、真空,薬品,組込などの特殊用途に応じたセンサーの製作も致します。

    
  

 TEMP14温度センサー  温度範囲[℃]  精度[K] 
 表面温度センサー   +5〜60   0.02
 挿入温度センサー   +5〜60  0.01
 気体温度センサー   +5〜60  0.05


  TEMP14 評価装置部(USB仕様)

  温度測定範囲:       5℃ 〜 60℃
  分解能:           0.0001K
  測定チャンネル数: 16チャンネル
  1チャンネルの測定時間:   1秒
  長期ドリフト:     ≦ 0.002K/年
  本体寸法(mm):  190 x 145 x 60



  BlueBox

  FBG(Fiber Bragg Grating)を利用した歪,温度,振動測定

 BlueBoxの特長
 ・リアルタイム同時歪測定
 ・全センサーの同期時間 100μ秒
 ・ブラッグセンサー 25ヶ所 同時測定
 ・光ファイバーライン数 4ライン
 ・合計測定可能センサー数 100ヶ所
 ・本体の動作環境: 耐衝撃性 <20G
 ・温度   −40℃ 〜+50℃

 “Draw Tower”方式のFBG製造
 ・ファイバー引抜時に単一パルスでグレーティングを構成
 ・通常のブラッグファイバーと同様の高い歪率を実現
 ・アプリケーションに適したコーティング
 ・波長間隔を自由に設定可能
 ・FBGの間隔も任意に配置可能

 FBGの取付
 適当な材質のプレート上にFBGを固定して用いることで、測定対象への取付が簡単になり、また、実際の測定前に、機能試験などを行うことができます。測定対象に直接FBGを接着して、組み込むこともできます。

    

 応用例
 ・宇宙ステーションX38モジュールの監視
 ・風力発電プロペラ、軸受けのモニター

 事業パートナー
 発電事業、航空宇宙、船舶技術、鉄道技術、自動車技術、建築技術など、広範な分野の事業パートナーに技術を提供しています。

    

 主な事業パートナー
 Siemens
 Kayser-Threde
 Daimler
 Enercon
 SNCF


 


Copyright (c) 2008-2009 L + M Corporation All Right Reserved.